2019年1月6日日曜日

2019年1月6日 さあ、新たな一日へ。ゴー






■  私にとっての目標は

    自分と一体化しているので

  
 「自分の物語」を生き切りたいと

        心から願うから、

 
 一挙手一投足の全てが、そこに紐づくことに

 なるのです。 





■だからこそ



 「常に全力投球


    いつも・・・一所懸命 手が抜けない



■そんな人生や生活は大変だ、

  と思われる方もあるかもしれませんね。



 でも、私水野からすれば、



 目標も持たず、惰性の生活から生まれる

 成長感のなさや、不完全燃焼感、



 果たしてこれでいいのかの後悔や、

 ボディブローのように蓄積される未充足感、





 一向に未来につながっている感覚が

 感じられない日常や、



 こうした毎日が継続して繰り返されることに

 よる自尊心の毀損や自信の欠如、





 一つのことに情熱を燃やし、全力を傾けている

 人を見たときの「隣の芝生は青く見える」現象、



 

 こうした感情に苦しめられるくらいなら、

 

 持てるエネルギーを全て「自分の物語」を

 生ききるために用いたほうが、

 

 はるかに健全ではないか、

 そんな風に思われる。







■なぜ、こんなことを断言できるかというと、





 ほかならぬ私水野自身、

 長期に渡って、



 成長感のなさ、不完全燃焼感、

 後悔、未充足感、



 自尊心の毀損や自信の欠如、

 「隣の芝生は青く見える」現象、



 等々の感情に苦しめられ続けてきたからです。




■ そんな経験からも、



 「目指す方向が明確ではない人生」



 ほど、辛い人生はないと思っていますし、



 逆に言えば、



 「私はこんな物語を生きる」



 というイメージが固まったら、あとは

 そこに向かって全力傾注するだけですから、



 情熱や充足感や満足感、そして目指すべき

 ところがあるという幸福感、



 といったものを実感できるもの。



 
 私水野であれば、



---------------------------------





 地道に過ぎる活動を一挙手一投足、

 誰にも負けぬレベルで行い続け、



 (超)長期に渡り、

 微差を積み重ねる人生を過ごし、

 

 最終的には



 【圧巻の存在になる

  (=歩く姿や語る言葉に圧倒的な説得力を

    帯びさせられる人物になる)】





 そのための武器として



 「自らの実体験」

 「豊富な他者事例」

 「語彙力と、磨き抜かれた表現力」



 などを用いている


洞察力と創造力

 
 すべてを受入れ


 柔軟に思考し、判断する


 ---------------------------------

 



 そんな「物語」を自分の中に編み、

 その物語の主人公として生きることによって、



 当事者意識も主体性も生まれるし、

 そこから生み出されるプラス感情を利用しながら、



 目指すイメージに近づけるように

 自分を律してきたつもりです。







■こうした「物語」の主人公として、

 生きているからこそ、



 倦むことなく、怠けることなく、

 毎日のブログも書けるし、本も読めるし、



 大勢の人と会食したり、コンサルしたり、

 ときにセミナー等を行ったり、



 といった活動をできるのです。







■もし、こんな物語の主人公を生きるという

 思いがなければ、



 もともと、人並み以上に怠惰な私が、

 何を好き好んで、



 大変で、面倒で、精神も肉体にも

 負荷のかかる取り組みをしようとするでしょうか。







■ こうした高いハードルを乗り越える、

 その原動力になるのが



 【物語(と、そこから生まれる高揚感情)】



 です。



 

 ということはつまり、



 ハードルを乗り越えさせるほどの

 物語を生きていないのなら、そりゃ



 「なかなかやる氣が起きないんです」



 という言葉も出てくるわなあ、

 無理もない、



 と考えるわけです。







■こんなことを言っているくらいだから、

 そう言われている人もやはり



 「やる氣は欲しい」



 のです。





 でも、



 【やる氣や高揚感や闘争心をもたらしてくれる

  物語が決定的に欠如している】



 からこそ、



 「長期的に心身にダメージが与えられ続け、

  毒素まみれとなる生活」



 が繰り返されてきただけの話です。







■不完全燃焼、未充足感といった

 負の感情の原因さえ分かれば、



 あとは、対処の仕方は簡単です。





 私自身、こうした負の感情の存在に気づき、

 原因を突き止め、



 さらには、その感情を抜け出すために

 多大な時間を使ってきたわけですが、





 その際の重要ポイントが



 【自分の物語を生き切る

  (=自分の物語を創作する)】



 ことだったんですね。







■自己の物語創作と、目標設定は

 密接不離の関係にあり、



 さらに「その物語を生き切る」ためには、

 四六時中、意識を一点に向ける必要があり、



 そのために日記(時々刻々の記)にも

 役割が生まれてくるわけであり、





 加えて、



 「目標と日常(時々刻々)をつなぎ、

  プラスの感情を維持する役割を果たすもの」



 それが



 【自分が物語の主人公になる

  (物語の持つ力を活用する)】



 という考え方、ということになります。







■もちろん、私水野も、



 自分の物語の主人公を

 時々刻々に生き切っていますが、



 この充足感を手に入れるための方法論について、

 以下の音源にて語り尽くしてきています。



さあ、

新たな一日へ。

感謝

水野敬子Keiko Mizuno


2019年1月4日金曜日

2019年1月5日 言葉の玉手箱 : 自己革新し続ける。



迎春



2019年新年を迎えました。



旧年中もお世話になりました。



今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


                                      合 掌



日々精一杯努力精進する氣持ち

日々自己変革を心がけ、


新しい課題に果敢に挑戦し

環境の変化に臨機応変に対応していこうとする柔軟な姿勢


を持たなければ

もはや個人としても

組織としても

生き残ることはできない厳しい時代となってきましたね。



今日は、伊勢神宮の東京支社である東京大神宮にいってきました。

言葉の玉手箱というものをいつもいただく。

ご紹介させていただきますね。


<言葉の玉手箱>


見えは見栄を

嘘は嘘を呼び寄せて

しだいに心を曇らせます。

自分自身を飾らずに

正直に生きてみましょう。

心が晴れ晴れとして

氣持ちよく生きていけます。


感謝

水野敬子 Keiko Mizuno

2019年1月2日水曜日

2019年1月2日(水) Ingua Franca ☆ Smile

明けましておめでとうございます。
2019年を迎えました。
素晴らしき一年になることを祈念しております。

輝かしい年の初めを、いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ寒さも本格的になってまいりました。
寒さの中でも凛と咲く花に習い、

背筋を伸ばし、心を高めていかなければ・・・
と決意を新たにスタートしました。


そこで、、、


2019年も健やかに過ごすことを
心より願い、本年の三が日は
自由に考働(=行動)しようと決めている。

いつも、皆様からのご愛用をいただき
誠にありがとうございます。
本年も、長きにわたるご愛顧に感謝の意を含め

Twiitter de メルマガ

を配信することに決めた。

Ingua Franca ☆ Smile    


2019年1月2日スタートであるのも何かのご縁。
2という数字に拘りつつも
楽しく!明るく!みなさんが、笑顔になりつつ

学べる何かを配信していきたいと思う。

知っている、
それ、わかる。
知らない。

いいんです。
なんでも。。。
氣づきがあなたにあることが大事。

では、こちらブログと共に。
宜しくお願い申し上げます。
愛と感謝を込めて。

水野敬子 Keiko Mizuno

2019年1月1日火曜日

謹賀新年 笑顔と健康に満ちた新たな年へ



わたくし(わたくしたち)、

貴方に、お客様に愛されるアイディア・教育を創造します。


あなたがより健康で、よりキラキラと輝ける場と職場を築ける夢を叶えることが

わたくし私たちの使命。  常にわたくしたちは、”あなたがより良い人生を、

よりお求めやすいよう” 提案することだけを考え、本年も愚直に努力していきます。


1.海外の、あなた、お客様にも
  喜んでいただく努力をします

2.お客様のお近くでの展開を
  広げます

3.お客様のお声は糧。 
  みなで大切に共有します

愛と感謝を込めて  水野敬子 Keiko Mizuno

2018年12月31日月曜日

2018年12月31日(月) 目標に向かって一歩ずつ

本年も、長きにわたるご愛顧に感謝の意をこめて

このブログに目を通していただいていることに

大きな喜びを感じると共に、

一年の考働にこころより感謝申し上げます。



目標に向かって一歩ずつ。

あなたが描かれているいきいきとした毎日に、

これからもわたくし(わたくしども)がお役に立てることを

こころより願っております。


愛と感謝をこめて 水野敬子 Keiko Mizuno

2018年12月24日月曜日

創り出したい成果を創り出すこと。



今日はクリスマスイブ



しかも振替休日ということもあり、

休みの人も多いのではないでしょうか?



さて,
ここで質問です。



今年1年を振り返って、

顔晴(=頑張)ったことはなんでしょう?



仕事を頑張った。

新しい能力が身についた。

たくさんの友人が増えた。



など・・・



どんな小さなことでも

構いません。



それを一つでもいいので、

自分を褒めてみましょう。



これがあなたがあなた自身への

プレゼントです。



あなたは普段から、

自分を褒めてますか?



少し恥ずかしいと思いますが、

人生の質という意味では、

非常に大切です。



自分で自分を褒めると、

少し自信が湧いてきます。



実はこの自信が、

人生の質を高める上で、

非常に重要なのです。



自信を持っていると、

多少の障害があっても、

乗り越えていくことができるのです。



もちろん自分を褒めることも

自信をつける方法としては、

正しいのですが



実はもっと強力な方法が、

あるのです。
それは、

「自分にとって大切なことを
どれだけ創り出せているか」



フォーカスを移すことである。


必要な能力を身に着け

学び、行動し、適切な方針をもって

創り出したい成果を創り出せるようになっていく。


ことである。


メリークリスマス!


愛と感謝をあなたに。

水野敬子 Keiko Mizuno

A FOWER DOES NOT TALK 花語らず


Silently a flower blooms.

In silence it falls away,

Yet here now, at this moment,

at this place,

The whole of the flower,

the whole of the world is blooming,

This is the talk of the flower,

the truth of the blossom,

The glory of eternal life is fully

Shining here.



A FOWER DOES NOT TALK

花語らず



花は黙って咲き 黙って散ってゆく

そうして再び枝に帰らない

けれども

その一時一処に

この世のすべてを托している

一輪の花の声であり

一枝の花の真である

永遠にほろびぬ命のよろこびが

悔いなくそこに輝いている



南禅 柴山全慶

ZENKEI SHIBAYAMA



1224日(月)クリスマス

一日3つなら1年で3千氣づき・学び。 毎日の氣づきや学びも積み重ねれば

心とからだに大きなちからを与えます。

わたくしの願いや志は「自らの無限のちから(=可能性・能力)を、敬営(=経営)のちからに」。お続けいただいた貴方には、この「ちから」を徐々に

ご時t間いただいていることと存じます。



目標に向かって一歩ずつ。

貴方が描かれるいきいきとした毎日に、

これからもわたくしがお役に立てることを

こころより願っております。



感謝を込めて



水野敬子 Keiko Mizuno




2018年12月23日日曜日

12月23日 こころの花を 愛でましょう


長きにわたり「為せば成る」ブログを

みていただき、誠にありがとうございます。



皆様が健康・健全・経営に果敢に挑戦し続けることを

乏力ながら精一杯に応援し11年が経ちました。

このブログを始めたきっかけは



田坂宏先生のお誕生日特別講演である。

“これからの時代は、

自らが発信し続ける。ことが大事である。



この一言に、ブログを始めている。

田坂塾に入って何年になるだろうか。

一期生として、田坂先生の言霊からたくさんの愛と勇氣をいただいている。



まだ未熟者、人生修行中の私は自分の考えを外に向けて語る・表現すると

いうことに抵抗があったのである。が、たった一人でも

このブログをみてくださっている貴方に成幸(=成功)への手がかりを語る。



このようにブログという形ではあるが、何かしら

お手伝いさせていただけたことに

深く感謝しております。



自分が一番自分らしくいられる時は、心に花が咲いたように氣持ちが明るくなるものですね。そんな時間の積み重ねが、自分らしい生き方、人生につながるのでは

ないでしょうか。 これからも心の花を大切に、素敵な毎日をお過ごしください。



わたくしはお客様の健康的な身体づくりはもちろん、

美しく、こころも豊かな毎日をお手伝いしていきたいと

考えております。 今後とも、末永くお付き合い

させて頂けることを心より願っております。



衷心より感謝をこめて



水野敬子 Keiko Mizuno

2018年12月18日火曜日

12月18日 やり残したこと



ありがとうございます。



とうとう2018年も

あと2週間を切りました。



やり残したことは

ありませんか?



夢に向かって、

何かできることはありませんか?



来年に向けて、

できることは何かありませんか?



残りの期間で、

何か一つでも行動してみましょう。



その一歩は

本当に小さな一歩で

構いません。



ネットで関連することを

調べてみる。



関連する書籍を

机の上に置く。



経験者の話を

聞いてみる。



など



関連することであれば、

どんなことでも構いません。



その一歩が

あなたの人生を

大きく変えるかもしれません。



あなたがすぐできることを

見つけて行動してみましょう。



すると、

2019年が違った印象になります。



でも新しいことをするのは、

結構勇氣がいる。



だから最初の一歩を

踏み出せない。

 
最初の一歩は踏み出せるのだけれど、
どうしても行動が続かない。

そんな貴方、もしも私でよろしければ
お話しお聞きいたします。
下記にて、ご連絡くださいませ。

感謝

水野敬子 Keiko Mizuno


2018年12月17日月曜日

12月17日 歩き出す力


新しい飲みにケーションの仕方があるようです。

主として、新人~若手社員の離職率軽減を図り

職場内の活性化を図る為に、

上司と部下ふたりきりの飲みにケーションだそうです。


先日、異業種交流会があった。

同じ課題や悩みを共有しながら、互いに刺激しあって

いけるこの取り組みに感謝と感動を覚えました。


☆ 生まれた時は、話すことも

  歩くこともできなかった

 挑戦し続けて、

  ようやく人・人間になるのである。


☆ 覚悟ができると、

  すべてが

 チャンスにみえる。


☆ 安全や安心な職場や家庭は、パラダイスである。

  困難は、心の筋トレ、フェスティバル

 限界は、勘違いである。


☆ あきらめた先に、後悔がまっている。

 あきらめない先に、感動が待っている。


☆ 思い通りにならないことの先に、感動が潜んでいる


☆ 人生は無限である。 

  人生は感動である。

 簡単にあきらめるなんて

  もったいないのである。


☆ いろんな出来事があって

 豊かな人生が彩られる。


☆ 人を応援するほど

 人から応援され

 仲間が増えてくる。


☆  いつでもできること

  夢を描くこと
  夢を語ること
  夢に向かうこと


☆ 伝わるのは、自分の覚悟。

  見られているのは、自分の心。

  人を変えるのは、自分の姿である。

☆ どこにいても

  いつからでも

  人生を変えることができる


感謝


水野敬子 Keiko Mizuno
 
 

2018年12月13日木曜日

12月13日 ソフトラン


本当にタイミングよく連絡をくださる人がいる。

心より感謝している。

素直に想う、この氣持ちである。

地に足をつけて、歩くことがしたいのである。

そのように思うのは

贅沢なのだろうか。

感謝

水野敬子 Keiko Mizuno

2018年12月12日水曜日

12月12日 CAN/WILL/MUST メカニズム

 

「見えない資産」への投資

 ・ 美しい環境の恩恵を五感を研ぎ澄ませて全身で感じ取ること
 ・ 芸術性のあるものを目で観て感じて見る目を養うこと
 ・ 自然の音、ものに触れてみて感じること

 成長へのエネルギー源となるものへの投資は
 ダイナミックにチャレンジャぶるな人間を創る

 ・ 自分には、何ができて
 ・ 自分が、 何をしたいのか
 そして、そのために
 ・ 自分は 何をしなければならないのか 

 同じことを何回も伝えてきたのかと思われるが
 このCAN, WILL, MUST
 このメカニズムは、ある意味、普遍的なのかも知れない。

 文化背景が異なる人と働くときの留意点を理解することと同じのように思うのである。

 感謝
 
 水野敬子 Keiko Mizuno

 

2018年12月11日火曜日

12月11日 クリスマスツリー


12月になると街のあちらこちらに

クリスマスツリーが飾られている。

キラキラと心躍らせる風景が

手の届くところにあり、一時、しあわせな氣持ちになる。

空気が透明であればあるほど、輝いて見える。

辛いことや、悲しいこと、苦しいこと

すべてを一瞬の光のごとく、星の輝きのように感じさせてくれる

クリスマスツリーである。

ありがとう。クリスマス。

皆さんの心にも一隅の光を照らせる人間でありたい。

感謝

水野敬子 Keiko Mizuno