2018年10月20日土曜日

氣づいているからこそ。。。




何かにチャレンジしている時って、

いつもは気にしないのに、

周りの環境や自分の置かれている状況が

悪いと認識することがある



例えば、



仕事が忙しいから、~できない

家族との関係が良くないから、~できない

自分の能力が低いから、~できない



など・・・



いわゆるチャレンジできない、

うまくいかない理由を

環境や状況のせいにしている状態



もちろん、

その環境や状況を改善することで、

良い結果が生まれることもある



でも、

改善できないこともあります



例えば、



本当はもっと自分の夢のために

時間を使いたい

でも、急に仕事は減らせない



家族に協力・理解してもらいたい

でも、急に関係を改善できない



そんな時はどうすればいいのか?



そんな時はぜひ、

それを「チャンス」と捉えてほしい。



自分にメリットをもたらす状況だと

捉えること。



最初から24時間、自分の夢について

活動するのは無理がある



そういった意味では、

仕事は良い気分転換になる



家族との関係が悪いなら、

後ろ髪を引かれることなく、

思い切って夢に向かって活動できる



というように、



今のあなたが悪い環境・状況だと

思っていることを

メリットをもたらす理由に

変えていくんです



するとあなたの行動が

もっと積極的になるかもしれません。



大事なのは、

今の状況を「チャンス」と捉えること



あなたも、氣づいているのではないでしょうか。

感謝 

水野敬子 Keiko Mizuno 

2018年10月14日日曜日

レジリエンス力を高める




いざとなると

人間は思いも知らない力を出す。

その力を以前は

「底力」といっていた。

いまは、

『リジリエンス』という。


感謝

水野敬子 Keiko Mizuno

2018年9月29日土曜日

健康になる ・・・ 生命的資本 






社会が大きく変わろうとしている。

デジタル革命、第四次産業革命による

人への影響力

人間の存在意義や関係性をも変わる可能性がある。



今後

起こりある変化をどの範囲で、どのように見極めるか?



それがビジネスにおいて考働(=行動)するうえで

要になるのではないでしょうか。


これからの時代に求められるリーダー、リーダーシップ、

ますますリーダーの役割は楽しくなる。




グローバル・リーダーシップの視点から、

これから大きく変わるであろう社会を読み解く力を

日々グローバルで活躍できる人財を育成・開発

支援し続けている一人として、語り続ける。



わたくしは、グローバル・リーダーには、

一般的な知識と、学習能力である

「知的資本」が最も必要であると


私はこれまでのグローバルビジネスを

振り返り、そのように定義づけている。


そのなかで、異文化に対する寛容さと

変化への順応力である「心理的な資本」と


自分とは異なるひとと信頼関係を築く

「社会的な資本」と



さらにこれからは、

健康で生きる身体づくり

 「生命的な資本」、



こころと身体をタフにすることが、

より必要不可欠になってくると思う。



深呼吸をする・・・りラックスする



動く、動かす、、、たちどまらず、動く。

歩き方・・・

立ち方・・・

座り方・・・


たちどまり、

ひととコミュニケーションする

リーダーの姿勢が、問われる時代である。


感謝

水野敬子 Keiko Mizuno

2018年9月23日日曜日

複雑な人間関係をのりきるために・・・




心理学のデータに注目し始めたのは
ボランティア活動の一環で、許可や支援などを頂くために
中学生のころから、大人の世界に足を踏み込んだころからである。

なぜ?この人を訪問するのか

明確な目的とゴールを決めて
小さな勇氣をもって
一歩踏み出す。

人間関係を構築する。。。前に

「人間関係を選択すること」
を積極的にするように賢人から教えられてきた。
話す相手を間違えない。ということ。

「信頼関係のない人に大事な話はしない」
少しでも不安を感じたら、
わたくしはしないことにしている。

ほんの少しでも。

相手が私に対して信頼していないと思われる行為、姿勢、言動をした時は
とりわけそのようにしている。

「判断力」ひとを観るという点においては『洞察力』が鈍らないように
逆境に出会った時・・・ストレスがかからないようにしている。

一息つくこと。

を無意識で習慣づいてしまっている。

たとえば・・・
読書、散歩、ストレッチ、マインドフルネス(瞑想)、お茶を飲む
チョコレート、音楽、自然の中を歩く、運動する・・・
以前は、愛犬Camelの散歩・・・

わたくしにとっては、介護と仕事の合間に、愛犬Camelとお話ししたりすること。
一日帰ってくると、よく愛犬とお話ししたものである。
ひとにいうと、えええといわれるが、わたくしの問いかけに愛犬は
犬語で話し返してくれるものである。。。:)

自分なりのストレスを軽減する力をメモしたりしておくこと。
実際にやってみることが大事なのである。

ひとつでもいい、たとえば・・・の中から、チャレンジしてみて欲しい。

また、

自分を科学的に分析する。

そのような機会にいまは簡単に出会える。
「超性格分析」
という最も信頼性のある性格分析*ビックファイブをもとにアプリで簡単にできる。


その分析結果を参考に

心理学でいう「レジリエンス」(とは、)
逆境の中で、胸を詰まらせた理
傷ついたメンタルをみずから回復させる力をみつけだす。

説明責任なしに、相手に誤った期待をさせることは
相手を最終的には傷つけることに繋がる。

であるからこそ、わたくしは、ことばを選ぶ。
様々な言葉を出して、相手から信用される言葉をみつけだす。
言葉を様々に表現すること。

これこそが、今後、複雑な人間関係をのりこえるうえでの
ポイントのように思う。
言葉が選べない場合は・・・動作を変えることである。

言葉をそぎ澄ます。思考の怠惰が起こらないように
日々、自己反省し、続け、学び続けることが
大事なのである。

感謝

水野敬子 Keiko Mizuno


*ビックファイブとは、ルイスゴールドバーグという
心理学者が作り上げた作り上げた性格分析。

2018年9月17日月曜日

無知の知




        

人生は、出会いによってつくられる。


縁は、今、自分の目の前にある問題から
逃げずに努力を続けることが、縁を呼び寄せる。



人との出会い、本との出会い、出来事との出会いが人生を変える。

その人のご縁をつなげて頂いた方を
わたくしは大事にしている。

様々な縁のなか、縁は
目でみえる形だけではなく
目でみえないことの方が大事なことが多いのである。

引継ぎられた大事なことを
どんな形で聴かれても
話すことはできない。

そのことを話さないことが
自分を信用されないというのであれば
それはそれで仕方のないことだと思っている。



自己実現を考えるとき大切なことは、

何を実現することが自己を実現することなのか、

という問題です。



ほんとうの自分とは、命の底から湧いてくる想いです。

成長する自分は3つに分けて考えます。



1.意志によって創っていく自分

(「人生における3つの問い」を自分に問いかける)



・どんな人間になりたいか

・どんな仕事がしたいか 

・将来どんな生活がしたいか



答えを持ちながら、答に縛られず、さらに自分に問い続けることです。



2. 出会いによって創られていく自分

ひと、先生との出会い、本との出会い、出来事との出会いが
人生を変えるキッカケになる。

最高の出会いとは自分を最も輝かせてくれる出会いです。



3. 現在の自分

今、目の前にある仕事に全力を尽くすこと。

今やっていることの意味や価値や素晴らしを考え、感じること。

その中で感じる「何かおかしい」「ここをもう少し何とかできないか」という

現実への異和感に人生をかけて、創意工夫をしてみる。



自分の持っている限界へ挑戦する。

感性が行動のエネルギーです。

命から理屈抜きに湧いてくる欲求欲望が行動力につながります。



限界への挑戦を続けることで、理性の限界を越えたとき、ほんとうの自分が出てきます。



限界への挑戦の中で個性がつくられていくのです。



「人生は、意志と愛のドラマです」

自分らしく生きるとは、自分のしたいことだけをして、
わがままに思い通りに生きることではありません。



自分に与えられたすべての縁を活かし、

関わりのある人に配慮し、環境・しがらみ・義理・人情すべてを活かしきって、

自分の成長につなげることです。



命から湧いてくる欲求・欲望を、理性を手段能力に使って、志まで成長させる。



命から理屈抜きに湧いてくるものがあってこその人生です。

感じてこそ人生! 燃えてこそ人生!なのです。



やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように。感謝。


水野敬子 Keiko Mizuno

2018年7月16日月曜日

恩師からの言霊





ある程度の事を成し遂げるためには、
様々な準備や勉強、努力等が
必要だと思われます。




中でも、最終的には、
前向きでタフな「心構え」と、

「どういう視点で物事を捉えるか」ということに
かかってくるのではないでしょうか?!



また、そういう‘’全てを肥やし(:かて)にする
主体的に前向きに学ぶ氣持ちになれば、

どんな失敗や苦難であっても、
大抵のことを成功や感謝に変えていく力が
湧き出てくるものです。


そして、このような
常勝思考的な考え方‘’
日々心がけ実践していくことで、


逆境や難局を乗り越える智慧が身につき逞しくなり、
逆境やトラブルに徐々に強くなっていくと思います。



 合掌


こころからの感謝を込めて
水野敬子 Keiko Mizuno

今週もぼちぼち顔晴って参りまひょか?!

2018年7月8日日曜日

こころを癒す








できない・やらない理由を

考えているよりも、

やれる方法を探してみよう!



実は成長って、

今のあなたにとって面倒なこと、

大変なことの先にあることが、

多いんです。



面倒や大変というのは、

今のあなたにとってなのであって、

成長すればどうってことなかったりします。



だから結果として、

成長するわけです。

成長には面倒や大変が

意外と必要だったりします。



敬遠せずに、

向き合ってみると成長して、

伸び代が感じられるかもしれません。



面倒で大変な状況というのは、

乗り越える前は、

非常に大きく見えるもの



それを乗り越えるには、

どういったメンタルを

持っていればいいのか?


感謝のこころを常に持つこと。
当たり前のことなど
何一つないのだから。

水野敬子 Keiko Mizuno

2018年6月10日日曜日

結果~成果を実現するまでにすること





私達人間が行動をおこし現実化するまでには

感情思考判断行動=結果~成果



いつもありがとうございます。

水野敬子です。

あなたは夢や目標を持っているでしょうか?



このブログを読んでいるあなたは、

何かしらの夢や目標を持っているかもしれませんね^^



今回は夢や目標を持っている

あなたに大切なポイントをお伝えします。



ぜひ、読み進めていってくださいね^^



ここであなたに質問です。



仮にあなたの夢や目標の達成が

100だとしたら、

今現在はどのくらいの数値でしょうか?



人によってそれぞれ違うと思います。



始めたばかりの人は、

まだ1かもしれません。



もちろん、90くらいの人がいても

おかしくありません。



もしかしたら、

こんな人もいる可能性もあります。



だいぶ前から夢に向かって、

動き出しているのだけれど、

まだ5くらいしか進んでいない。



そういう人もいても

おかしくありません。



そんな人にオススメなのが、

「小さな一歩」です。



もし仮に現在の状況が5だったら、

6にする方法を考えてみてください。



いきなり10を目指そうとする必要は、

ありません。



まだ5だからといって

悲観する必要もありません。



6にすることができれば、

いいのです。



結果的に5.1くらいしか進まなかった。



それでもいいんです。

行動することが大事なのですから。



そうは言っても、

人は落ち込んだり、

挫折したりすることはあります。



リーダーシップは、『行動する』ことです。

ただ、行動するのではなく、

リーダーは、信条~信望をもって行動することで

影響力あるコミュニケーションができると思う。



自分が信じるものを実現したいと望むには

辛抱が必要である。なぜなら、説得する時間がある程度必要であるからこそである。
こころからあなたの幸せを願う。感謝

水野敬子 Mizuno Keiko 

2018年5月14日月曜日

信頼


富士山

いつ見ても美しい姿をみせてくれる。

この姿をみることで、

日本、日本人で良かったと想う。

今日は母の日。

産んでくださって、、、心から嬉しく想う。

辛いこともあるけれど、母はいつも私を心から信用してくれた。

その母からの信頼が、自分と他人を比べることをしない

愛のある人間として、わたくしは育つことができた。

グローバル 世界で 戦ってこれたのも

母の愛があったからである。

感謝

水野敬子 Keiko Mizuno

2018年4月22日日曜日

想いを形にする


一日一生の精神

「人はいつ死ぬかわからない」

いつ何時、なにかしらの病にかかるやも知れない。

であるからこそ、

健康に留意し、勉学に励み、まわりに感謝する。

感謝を形にかえて

伝え続ける。

前向きに!

感謝  水野敬子 Keiko Mizuno





2018年4月8日日曜日

最も大事なこと


人生にとって最も大事なこと。

それは、人それぞれ違うと思う。

わたくしは、人生の中で最も大事なことは・・・

『学び続けること。』

ではないかと思っている。

物事すべてに意図が存在している。

”いま、自分が何をするべきなのか。”を

進んで自ら考え抜き

行動にうつすことではないかと思う。

感謝

水野敬子 Keiko Mizuno

2018年4月1日日曜日

Sakura

桜の季節が来た。

まちにまった桜の季節。

4月1日(日)晴れ

あなたの目標はなんですか?

What is one of your goals you want to accomplish?

『明るく・元氣・素直なこころ』で、いつも感謝の念を。

水野敬子 Keiko Mizuno

2018年3月21日水曜日

Open Mind 笑顔の力

笑顔は、お金をまったくかけることなく
表情を豊かにし、氣分を良くしてくれます。
 
カメラを向けられたら笑顔になる
というのは自然な反応です。
 
微笑んでいる顔の方が
人の心を動かせるし
魅力的でもあることを
本能的に知っているからです。
 
 人にほほ笑みかければ
 
 その人からも好意的な反応を
 引き出すことができますが
 
 それよりも大切なことは
 自分自身も氣分良くなれることです。
 
 
 心理的な問題ばかりではありません。
 
 
 専門家は
 
“ 笑うことによって
  身体の科学反応に変化が起き
 
  実際に幸福な氣持ち
  満ち足りた気持ちが生じる ”
 
 ということを発見しています。
 
 ほほ笑む感じを
 話し声の中に保つことができれば
 
 相手と直接会って
 話している時であっても
 
 電話で話している時であっても
 相手は構えることなく
 
 あなたに対して
 心を開いてくれるはずです。
 
 一日中電話で話すことを
 仕事にしている人達は
 話している相手の声の調子について
 
“ 笑顔で話しているような声 ”を
 聞き分ける術を経験的に身につけています。
 
 声の調子を感じよく
 保っているのが難しければ
 
 電話の脇に小さな鏡を置いて
 自分の顔が笑顔になっているかどうかを
 確認しながら
 
 話すようにするのも良いでしょう。



 笑顔がなくなったら、自分らしくない環境下でもあるかも知れません。

 感謝

 心からの感謝と愛をこめて 水野敬子 Keiko Mizuno